センチメンタルの涅槃

読書、漫画、映画感想用。中二病と喪女をこじらせた24歳。吾妻ひでお、山田花子、真造圭伍、九井諒子などが好きです。ボーイズラブの話多し。

現実として現れるであろうあらゆる羽生結弦との恋のためのプロレゴメナ

Hello, I Love You,皆さんお元気だろうか。 私は死んでいる。 6月18日のFaOI新潟で羽生くんが実在して生きているのを目にしてしまったからだ。 これが意味することは2つある。 一つは文字通り、生の羽生結弦という威力に負けて無事死んだということと、も…

美術館BL

美術館ナンパを勧める炎上記事からインスピレーションを得た美術館BLを書きました!! 因みに私は絵画にはまったく無知なので画家名とかは架空です!! news.nicovideo.jp 「お父さんさ、分かんないなら無理しなくていいから。つーか、美術館でベラベラ喋ん…

5月読んだ中で面白かったおすすめBL漫画6選・記録用(2017年5月)

「食べログにレビュー書く一部のおっさんって、何でいちいち、(自分はどういう食物が好きで云々みたいな)自己紹介とか、そのレストランに入るまでの用事や過程とかを無駄に詳細に書くの??? 俺は食べ物の感想が聞きたいんだよ!! てめーの自己紹介はどう…

突然小学5年生の作文みたいな哲学ポエム語り出すのマジやめろよー「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」

面白かった映画より、つまらなかった映画の話をする時の方が10倍くらい話が長いの、如何にも自分の人生の狭さを顕現しているようでマジ何とかしなきゃって思うんだけど、 5月21日は、新宿ピカデリーに篭もりっきりで「帝一の國」や皆大好き「ガーディアンズ…

正月はとっくに終わったが2016年にハマったものでも振り返る。(※ようやく「ユーリ!!! on ICE」の話)

前回、「正月で暇だし2016年にハマったものでも振り返る。」とかいって、ユーリの画像をこれ見よがしに出しておきつつ、 barakofujiyoshi.hatenablog.com 結局延々ハイローの話しかしなかった私だが、何というかねえ、ユーリについてはずっと書きたいと思っ…

正月で暇だし2016年にハマったものでも振り返る。(※今回はハイローの話しかしません)

私の2016年を構成したもの。 以上。 (ところで私は2016年の前半、何を楽しみに生きていたんだろう…火アリかな…あれも工と窪田正孝が出ていた…) 申年ということで年女でもあった2016年は私にとってはかなり変化の年で、新卒で入った(ブラック)会社と激モメし…

腐女子たる自分とフェミストの私のアンビバレント―映画「アズミ・ハルコは行方不明」感想

www.youtube.com eiga.com 大学時代とかに読んでいた本や漫画原作の映画が、今年になってようやく公開されることが多かったおかげで、今年の私は、映画感想の結論に、 「これ、原作読んでない人分かるの?」 ってフレーズを何度も使ってしまったような気がす…

11月読んだ中で面白かったおすすめBL漫画5選・記録用(2016年11月)

「ユーリ!!! on ICE」の怒涛のBL展開にきゃあきゃあ言ったり、現実のフィギュアスケートの方を追うのにも忙しくて気が付いたらあっという間に11月が終わっていた。(言ったかどうか分からないけど私は羽生くんファンなのである) 12月もそんな感じで終わると思…

重岡くんがあまりにも好演しすぎてむしろ主役が霞んでるけど重岡くんがいなければマイナス100点という矛盾――映画「溺れるナイフ」感想

※最初に断っておきますが酷評です。 特にジョージ朝倉のファンでもなければ、「おとぎ話みたい」で山戸監督の作品とは趣味が合わない事を知っていたにも関わらず、そもそも何故わざわざ公開初日に観に行ってしまったのかっつー話ではあるのだが、 主演は人気…

10月読んだ中で面白かったBL漫画5選・記録用(2016年10月)

漫画好きと言いつつ、ほぼ全く漫画の話をしていない気がするので、取り急ぎ、2016年10月に読んだ(10月発売とは言っていない)中で、面白かったBLまとめ。 どれも如何にも、「あ~ナタリーとかに取り上げられそうな感じのやつね」って感じのチョイスだが、そう…

超人気俳優ばかり使った東宝配給映画なのにあんなハイコンテクストで大丈夫か?――映画「何者」感想

漫画好きと言いつつ何か最近ずっと映画の話ばかりしているような気がするが… 超人気俳優ばかり使った東宝配給映画なのにあんなハイコンテクストで大丈夫か?――映画「何者」 eiga.com www.youtube.com 今でこそ希望の職種に就いているものの、私自身は、リア…

雨宮兄弟は何故外で20本箱入りアイスを食べていたのか過程を考えてみる――HiGH & LOW THE RED RAIN 妄想いろいろ

先週の土曜に「HiGH & LOW THE RED RAIN」を観て以来、雨宮兄弟のことを考えすぎて仕事が手につかなくなる症状に侵され、映画に使用されていた雨宮兄弟キャラソン(?) ACE OF SPADES feat. 登坂広臣 / SIN www.youtube.com これを見ても、もはや、臣くんかっ…

【作画監督が】最強で最高のトライアングル・ラブ(男同士の)―HiGH & LOW THE RED RAIN 感想【優秀】

兄弟のトライアングル・ラブストーリーとして&登坂広臣のアイドル映画としては1億点 www.youtube.com 前回の劇場版ハイローで、まんまと、広斗×スモ―キーや、マイペースな広斗に振り回されまくる兄・雅貴の、「お兄ちゃんの話を聞きなさい!」に見事ずきゅ…

いのち短し読んでよ乙女

自分はそんなに、文学少女っていうキャラではないし(そもそも23歳なので既に少女ではない)、読むものも、青年漫画とか男性作家の方が多いのだが、しかし一年に一回くらい、実は幼少時に「なかよし」や「りぼん」で育った、普段ひた隠しにしている乙女心にク…

地方出身文化系スノッブの恋と承認とセールス―山戸結希「おとぎ話みたい」

大学入学のために一人暮らしを始めた日、いちばん最初に思ったのが、「静かだなあ」ということだった。家族がいなくて静かという感傷ではなくて、自動車が走る音が聞こえないからだ。 18年間暮らした実家のすぐ裏は、国道153号線が通っていて、昼夜問わず車…

【琥珀】ハイロー=「AKIRA」説【さんをつけろよデコ助野郎】―HiGH&LOW THE MOVIE 応援上映感想

※既に見ていることを前提としているものなので存分にネタバレしています。 ドラマ版はちょいちょい観ていたし「観ると頭がおかしくなる」という大絶賛評は前々から耳にしていたのだが、先週の「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」やその後の…

キレて逃亡した近鉄社員には「人生スイッチ」を観て欲しいとか思った。

一年半ほど雑貨店でバイトをしていたときに考えていたことだが、 接客・サービス業とは誠に不可解なもので、基本的に、一般客の相手をする矢面に立たされているのはその組織の中でも末端の人間であることが多いのではないだろうか。企業の方針を決め、企画を…

妻夫木聡と綾野剛のベッドシーンだけで1800円の価値あり!―映画「怒り」感想

妻夫木聡と綾野剛が全身でBL、それだけで1800円の価値あり。以上。 映画「怒り」の予告編を観るなり、「こ、こんな…綾野剛と妻夫木聡がこんな…!」と、二人のラブシーンの為だけに映画館に足を運ぶことを決意し、 www.youtube.com 実際に、妻夫木聡と綾野剛…

心が疲れたときに読みたい本5選 (ダメ人間あるいはクリエイティブワナビー読本)

今週のお題「プレゼントしたい本」 ■今回紹介する本 僕に踏まれた町と僕が踏まれた町/中島らも 失踪日記/吾妻ひでお 負ける技術/カレー沢薫 鴻池剛の崖っぷちルームシェア 犬と無職とバンドマン/鴻池剛 無名作家の日記/菊池寛 先日、『ダメ人間・石川啄…

コリン・ファースとニコラス・ホルトのLOVE(?)―眼福映画「シングルマン」(超絶ネタバレ)

自分は絵が全くかけなくて、どちらかといえば文章を書いたり読んだりする方が得意なのだが、時たま、漫画とか映像表現が出来る人を羨ましいなあ、と思うのは、たとえば、文章だったら数ページくらいに渡って説明しないと伝わらないかもしれない心境や状況を…

ダメ人間・石川啄木と献身不憫な金田一京助のやおいが読みたい

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る という憐憫を誘う赤貧の歌なんか詠んでいるし実際に27歳で夭折しているから、貧困に喘ぎながらも一心に短歌を紡ぎ出した清貧で親孝行で不遇の苦労人、というイメージが想起されるけれど、実際は、…

でもバスはやって来ないから―『そして、ひと粒のひかり』ほか

私は涙もろい方ではない。 と中森明菜もどきがやりたかったわけではないが、普段も卒業式でもフィクションでも殆ど泣かない。 そんな自分でも、けれど、これは120%絶対に最後は号泣してしまうというかなりピンポイントなジャンルがあって、それを、「飛び出…

多様性の絶望と希望――書評・『コンビニ人間』村田沙耶香

普段読書をしない人からすれば、芥川賞と直木賞の違いなんて心底どうでもいいかもしれないが、芥川賞というのはべつに、「その半年で一番面白かったとされる本」に与えられるものではないことくらいは知っておいてもいいと思う。 直木賞が、ある程度キャリア…