センチメンタルの涅槃

読書、漫画、映画感想用。中二病と喪女をこじらせた25歳。ボーイズラブの話多し。https://twilog.org/Barako_Fu

夏と羽生と私の屍

これまでの妄想集(~18年6月まで) 【第1弾】[R-18]「現実として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ(妄想集)」/「藤吉ばら子」の小説 [pixiv] 【第2弾】「現実として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ2」/「藤吉ばら子」の小説 [pi…

春と阿修羅【後】

2018年5・6月の羽生結弦について振り返りたい話・前編↓ barakofujiyoshi.hatenablog.com 三、まずい発見 先日、鯛野ニッケ先生の新刊「キスしてシュガーくん!」を読んでいたとき、 なんか、ちかごろBL漫画界隈、所謂「2.5次元」モノや2.5次元周辺文化・現場…

春と阿修羅【前】

序、わたしたちはいま羽生が五輪を二連覇した世界線に生きているのだということ 国民栄誉賞授与式での羽生の袴姿見た瞬間、 「はいはい忘年会終了今振り返らんとしていた全てをこの最高の羽生がまたも最高の羽生を越えて来たから忘年会終了今からは羽生の袴…

世界でいちばん熱い夏に世界でいちばんのあなたと

やがて来たる乾季のためにツイに投下した5・6月の妄想を自分用にまとめてみたのが、思っていた以上に量があって、は?こんなに書いてたのか?と自分に自分でドン引きしているしこの大量の妄想すべてを現実の羽生くんの袴姿(@国民栄誉賞授与式)の可愛らし…

ふつうの日記と備忘録としての5月上旬映画雑感

ふつうの日記 平成最後の1年が始まったらしい。 25歳にもなってまだ中2病から抜け切れていないから、「平成最後の1年」という言葉、すごくいいなあと思う。 通常はそれが最後の1年かどうかなんて始まる前には分かり得なかったわけだが、平成に限ってはも…

現実に立ち戻るためであろうあらゆる羽生結弦との恋のためのプロレゴメナ(@週末仙台)

――――食べログで一人称が“小生”のおっさん並に、本題に入るまでのどうでもいい前置きと自分語りがクソ長いどころかもはや前置きと自分語りしかない代物である事をご留意下さい―――― 4月がこんなに待ち遠しいなんて、人生で初めての感情だった。 4月。出会い…

「アイは無視してくださいね、春」

■Continues ~with Wings~2日めを生で見た今のお気持ち① ■Continues ~with Wings~2日めを生で見た今のお気持ち② アイなんて無視できねえよ、春 ――――食べログで一人称が“小生”のおっさん並に、本題に入るまでのどうでもいい前置きと自分語りがクソ長…

きっと何者にもなれないお前たちに告げる。

祭りは終わり王は凱旋した。 まだSPが始まる前、前回のソチ五輪が「羽生結弦 伝説誕生」なら今回は「羽生結弦 王の凱旋」とか抜かしていたが、まさしくその通りになったわけである。 (※っていう感じの事を書いた友人のツイートがバズって私がそれを、やっぱ…

羽生結弦に関するクソのようなまとまりのないポエム

私には友達がいないので同級生の情報とか軽く3、4年は更新されないのだけれど、ごくたまに「今度○○が結婚するんだって」と聞いて、へえあの時付き合っていた人と遂に結婚するのかと思うと高確率でそれとはぜんぜん違う人とで慄く。 羽生くんがソチ五輪に出て…

【複数回観ると】HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION【脳を焼かれる】

遂に…遂に始まってしまいましたね、2017年最後の“祭り”が…… 何がって、「高&低 最後の作戦」(TAKAHIRO風)に決まってるだろ!!!!!!! eiga.com …って始まる前から、今後1ヶ月はハイローの話をし続ける気まんまんだったのだけども、率直なところを言うと…

次は無意味な結弦の妄想~サイゼリヤでデート篇・夏の思い出捏造篇・2017ロステレ後チャック篇・クリエイティビティの敗北篇~

■これまでの羽生妄想シリーズ blog.livedoor.jp barakofujiyoshi.hatenablog.com 毎年この時期になると、「すごい速さで夏は過ぎたがララララララ~」というandymoriの「すごい速さ」が脳内で流れるわたくしですが、夏つまり新潟のアイスショーを経てから開…

両立し得る分裂的欲望ーー映画「エル ELLE」感想

eiga.com 映画「ELLE」鑑賞後の幼稚園児並の私の感想 :冒頭で、お。猫映画かな?と思いきや百合映画だった。 …というのはさておき、このところ、ハイローを短期間に3回観たり、トムホ君のスパイダーマンの為に2ヶ月ほどずっとストイックにマーベル映画漬…

わーこれ全然ハイローにセクゾン出れるよ!妄想 (n番煎じ)

Twitterをぼんやり眺めていたら、もしハイローにニュースが出るとしたらどの勢力に属するか?っていう記事↓ amyca.hatenablog.com が流れてきて、 まあ実際のところ、大人の事情というか事務所的にジャニーズが今後ハイローに出る事はぜってー無いんだろうけ…

【雨宮広斗の】映画「HiGH&LOW」シリーズひとり応援上映会(三周目)で気付いたことまとめ【話をさせろ!!】

お前永遠にハイローの話するつもりか!? 永遠じゃねえ、ムゲンだ!!! というわけで、9月3日のハイロー大ヒット御礼舞台挨拶ライブビューイング中継&“超”応援上映の前哨戦として……いや、ぶっちゃけ実際は、10分前から待機して12時になった瞬間チケット入…

【神に】この夏最高のお祭り映画!!!! HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY【感謝しろよ?】

昨年何故かうっかりハイローにハマった結果、これまで何度も長々と「HiGH&LOW」について語ってきていたわけですが、 ↓これまでの記事 【映画一作目の感想】 barakofujiyoshi.hatenablog.com 【RED RAINの感想】 barakofujiyoshi.hatenablog.com 【RED RAINを…

俺のトムホ君の「スパイダーマン:ホームカミング」のためにMCU作品全部観て臨んだわけですが

クソ長い前置き ところでここ二ヶ月ほど私はずっと、MCU漬けであった。 理由は勿論、SNSか何かで回ってきたトムホことトム・ホランド君に心を打ち抜かれて以来、これはもう絶対に絶対に俺のトムホ君のために「スパイダーマン ホームカミング」を観に行かね…

「紅桜篇」で一番大事なシーンカットだと!?――「実写 銀魂」感想

公開初日である金曜日(14日)に、仕事が終わるハーフハーフの可能性にかけて実はチケットを取っていたがやはり終わらなかったので月曜日に取り直して観てきました、「銀魂」の実写版!! eiga.com 私(24歳)世代のオタクであればほぼ絶対に一度は通ってきた「…

現実として現れるであろうあらゆる羽生結弦との恋のためのプロレゴメナ

Hello, I Love You,皆さんお元気だろうか。 私は死んでいる。 6月18日のFaOI新潟で羽生くんが実在して生きているのを目にしてしまったからだ。 これが意味することは2つある。 一つは文字通り、生の羽生結弦という威力に負けて無事死んだということと、も…

美術館BL

美術館ナンパを勧める炎上記事からインスピレーションを得た美術館BLを書きました!! 因みに私は絵画にはまったく無知なので画家名とかは架空です!! news.nicovideo.jp 「お父さんさ、分かんないなら無理しなくていいから。つーか、美術館でベラベラ喋ん…

5月読んだ中で面白かったおすすめBL漫画6選・記録用(2017年5月)

「食べログにレビュー書く一部のおっさんって、何でいちいち、(自分はどういう食物が好きで云々みたいな)自己紹介とか、そのレストランに入るまでの用事や過程とかを無駄に詳細に書くの??? 俺は食べ物の感想が聞きたいんだよ!! てめーの自己紹介はどう…

突然小学5年生の作文みたいな哲学ポエム語り出すのマジやめろよー「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」

面白かった映画より、つまらなかった映画の話をする時の方が10倍くらい話が長いの、如何にも自分の人生の狭さを顕現しているようでマジ何とかしなきゃって思うんだけど、 5月21日は、新宿ピカデリーに篭もりっきりで「帝一の國」や皆大好き「ガーディアンズ…

正月はとっくに終わったが2016年にハマったものでも振り返る。(※ようやく「ユーリ!!! on ICE」の話)

前回、「正月で暇だし2016年にハマったものでも振り返る。」とかいって、ユーリの画像をこれ見よがしに出しておきつつ、 barakofujiyoshi.hatenablog.com 結局延々ハイローの話しかしなかった私だが、何というかねえ、ユーリについてはずっと書きたいと思っ…

正月で暇だし2016年にハマったものでも振り返る。(※今回はハイローの話しかしません)

私の2016年を構成したもの。 以上。 (ところで私は2016年の前半、何を楽しみに生きていたんだろう…火アリかな…あれも工と窪田正孝が出ていた…) 申年ということで年女でもあった2016年は私にとってはかなり変化の年で、新卒で入った(ブラック)会社と激モメし…

腐女子たる自分とフェミストの私のアンビバレント―映画「アズミ・ハルコは行方不明」感想

www.youtube.com eiga.com 大学時代とかに読んでいた本や漫画原作の映画が、今年になってようやく公開されることが多かったおかげで、今年の私は、映画感想の結論に、 「これ、原作読んでない人分かるの?」 ってフレーズを何度も使ってしまったような気がす…

11月読んだ中で面白かったおすすめBL漫画5選・記録用(2016年11月)

「ユーリ!!! on ICE」の怒涛のBL展開にきゃあきゃあ言ったり、現実のフィギュアスケートの方を追うのにも忙しくて気が付いたらあっという間に11月が終わっていた。(言ったかどうか分からないけど私は羽生くんファンなのである) 12月もそんな感じで終わると思…

重岡くんがあまりにも好演しすぎてむしろ主役が霞んでるけど重岡くんがいなければマイナス100点という矛盾――映画「溺れるナイフ」感想

※最初に断っておきますが酷評です。 特にジョージ朝倉のファンでもなければ、「おとぎ話みたい」で山戸監督の作品とは趣味が合わない事を知っていたにも関わらず、そもそも何故わざわざ公開初日に観に行ってしまったのかっつー話ではあるのだが、 主演は人気…

10月読んだ中で面白かったBL漫画5選・記録用(2016年10月)

漫画好きと言いつつ、ほぼ全く漫画の話をしていない気がするので、取り急ぎ、2016年10月に読んだ(10月発売とは言っていない)中で、面白かったBLまとめ。 どれも如何にも、「あ~ナタリーとかに取り上げられそうな感じのやつね」って感じのチョイスだが、そう…

超人気俳優ばかり使った東宝配給映画なのにあんなハイコンテクストで大丈夫か?――映画「何者」感想

漫画好きと言いつつ何か最近ずっと映画の話ばかりしているような気がするが… 超人気俳優ばかり使った東宝配給映画なのにあんなハイコンテクストで大丈夫か?――映画「何者」 eiga.com www.youtube.com 今でこそ希望の職種に就いているものの、私自身は、リア…

雨宮兄弟は何故外で20本箱入りアイスを食べていたのか過程を考えてみる――HiGH & LOW THE RED RAIN 妄想いろいろ

HiGH & LOW THE RED RAIN 先週の土曜に「HiGH & LOW THE RED RAIN」を観て以来、雨宮兄弟のことを考えすぎて仕事が手につかなくなる症状に侵され、映画に使用されていた雨宮兄弟キャラソン(?) ACE OF SPADES feat. 登坂広臣 / SIN www.youtube.com これを見…

【作画監督が】最強で最高のトライアングル・ラブ(男同士の)―HiGH & LOW THE RED RAIN 感想【優秀】

兄弟のトライアングル・ラブストーリーとして&登坂広臣のアイドル映画としては1億点 www.youtube.com 前回の劇場版ハイローで、まんまと、広斗×スモ―キーや、マイペースな広斗に振り回されまくる兄・雅貴の、「お兄ちゃんの話を聞きなさい!」に見事ずきゅ…