センチメンタルの涅槃

読書、漫画、映画感想用。中二病と喪女をこじらせた25歳。ボーイズラブの話多し。https://twilog.org/Barako_Fu

世界でいちばん熱い夏に世界でいちばんのあなたと

 

やがて来たる乾季のためにツイに投下した5・6月の妄想を自分用にまとめてみたのが、思っていた以上に量があって、は?こんなに書いてたのか?と自分に自分でドン引きしているしこの大量の妄想すべてを現実の羽生くんの袴姿(@国民栄誉賞授与式)の可愛らしさ&凛々しい美しさ&麗しさ&堂々とした垢抜け感&江戸時代から歴史の続く財閥家の若様のごとき高貴さ&etc.の衝撃と感情の大渋滞が越えてきた。越えてきてしまった。

ゆえ、なんかもう忘年会はともかく、羽生の袴姿の可愛らしさ以下略について三日三晩語る新年会をとっとと始めたい。

 

残業後家に帰ったら、私のベッドで枕をぎゅっとしたまま半分寝落ちてる羽生くんがいないと明日からの仕事のやる気が出ねーなー。私の足音で身体を起こすんだけど「…遅い」と拗ねたように枕に顔を埋める羽生くんがいないとやる気が出ねえなー。私はその動作の破壊力にやられて「ーーっ!」と声にならぬ叫びをあげながらベッドに倒れ込むんだけど、(萌えを処理しきれず)うつ伏せで微動だにしない私を見て何かを勘違いした羽生くんが、「どうした? 大丈夫?…そんなに疲れてる?? ……ごめんね○ちゃんも仕事忙しいのにね…」ってシュンと私の服の背中辺りを少し掴む感触に、可哀想だから身体を起こすべきか、このまま可愛みを堪能しつづけるべきか葛藤したいなー。多分ニヤニヤしてるのでそのうち「何笑ってんの!」ってバレる。うん大丈夫大丈夫羽生くんが可愛すぎただけ、って、おいでと腕を広げたら無視される。

 

は〜金曜日かやる気出ねえなあ。羽生が自分で前髪を切り過ぎた時の「ああっ」て叫び声でしか起きる気が起きねえな。「またネットに前髪って書かれる…」とやや不貞腐れる羽生に「いっそオールバックにすればいいんだよ」とワックスを持ってきたと見せかけて可愛い苺ちゃんゴムで前髪を縛って怒られたい。

 

苺ちゃんゴムを羽生が何これ!?って気付く前に颯爽と写真を撮ろうとしてやっぱりスマホを取り上げられた結果としてのブレた写真だけを金曜労働の生き甲斐にしたい。

 

 朝、ソファにぼおっと座る羽生さんの頭からぴょこと寝癖が出てるのを見て通りざまに、ぴょこぴょことその寝癖を押さえてみたすぎる。「ん?」って半分寝惚けた声で言って欲しすぎる。ん?の言い方が可愛すぎるので毎日同じ事をすると 5日目くらいにとうとう、私の気配を察した瞬間に、頭を押さえられる前に私の腕をさっと掴めるようになってほしすぎる。それに成功した羽生さんは絶対ややドヤ顔で「真剣白刃取りっ」とか寒い事言い出すと思うんで、「なんて?」って返したすぎる。

 

 GWに羽生雑誌をまた読んでるんだけど、五輪インタの「歌を歌いたい」のくだりもう20回は同じ文字列を目にしているはずなのに、何回読んでも毎回「ふふふっ」と声に出して笑ってしまう。何回笑うんだよってくらい毎回笑う。いないいないばあで何度も笑う赤ん坊並みの単純さしか私にはないのかもしれない。ところで、 「カラオケの羽生結弦独壇ショーでひたすらタンバリンで合いの手入れるけど途中で「リズム感無さすぎ! やめて!」って怒られて後はひたすら羽生さんが一人で歌と妙にリズム感のあるタンバリンを両方やるのを静聴する係」になりたい。

 

いや羽生「年下の男の子」カラオケで嫌々歌ってほしすぎるでしょ、私のこと好きかしら?はっきり聞かせてで「すきー!」って叫んで、うざって顔してほしすぎるでしょ。もしくは私が歌うんでもいいけど。私のこと好きかしら?でマイクを羽生に向けるのが分かりきってるので奴は曲入った瞬間トイレに行く #羽生結弦に滑って欲しいエキシプロ暫定1位「年下の男の子」

 

 羽生結弦物語の脚本家「王者復活平昌編描き終わりました! 次章は、世界王者仲間かつアニオタ仲間の女子トップスケーターメドベージェワと、羽生の高難度クワド挑戦に火を付けたジャンパー ボーヤンと、羽生が怪我をした際日本語のメッセージでエールを送ったブラウンが同門に」
編集「ボツ。」

 

私は雑な性格なので、神経質であろう羽生さんとの結婚生活を超真面目に現実的に検討して「うーん…同居は難しい!」って結論に確かに至るんだけど(つっ込むな)、それはそれとして、ソファでニコニコしてる羽生さんに「いい事でもあった?」ってうっかり聞いてしまい「このイヤフォン遂に手に入れて!」 ってこちらも試させられ正直違い全然わかんねえけどわかんないって言うと話が長くなるから「うーん…重低音がね…いいね…」とかクソ適当な事言って、「もー!わかんないかなー」ってぷりぷり怒る羽生さんを見たい気持ちや、自分のイヤフォンを定期的に無くす(雑)のでその辺にあった羽生さんのを借りて 「ちょっとそれ高いやつ!」って怒られるのを、「高いやつ? なるほど道理で羽生くんの声がより素晴らしく聞こえる…」(※羽生動画見てる)
「くだらないことに使わないで!」「はあ? くだらなくないし! 羽生くんの声聞く以上に素晴らしい事とかないでしょ」「俺今ここで生で喋ってる!!」みたいなしょうもない喧嘩をしたい気持ちはあるわけよ。

 

「しょうがないなーじゃあこのイヤホンよりもいい声で愛してるって言ってくれたら返すけどー」
「いや何故そちらが強気の姿勢なんですか?」
「言ってくれないならあと30回これで羽生くんの『愛してくれてありがとう』聞くからちょっと待ってて」
「…うっっっざ!」
「……ハッ、今のいい声ワンモア」

みたいなうざ絡みをしたい気持ちもややある。#マジでうざいな

 

「嘘嘘ごめん返す」と謝るものの、今度はノーイヤホンで羽生ボイスをリピートし始める私に
「ちょっとそれ恥ずかしいからやめてくださる」
「え? だからあと30回はリピートするので…」(継続される悪ノリ)
「……〜〜っ あーもーー!!」(私の顔を手でぐいと寄せ耳元で )
「『好き』……じゃ駄目?」

「…ひょーーー…いい! いまのはいい!! もう一回!!」
「いい加減にしろよ」って怒られたい気持ちもややある。

 

 こ、このままだと「一人じゃないよ」で羽生さんが指振る表情動画への執念で、公演後羽生さんに「あれ私にもやってやって!!」ってせがみ続けるのを、うぜえなとばかりに「一人で言ってろ」と、人差し指で私のデコを押して自分から引き離すようにする場面とかを夢に見てしまう… #結局ノンノン砲食らえなかったオタク

 

あーーダメだ羽生のバーン一日10回見ちゃう。羽生くんがこんな風に唐突にバーンってやってきたら、さっきスルーされた仕返しに自分も無視しようとするけどやっぱ可愛すぎて無理だと思う。むしろ素で頭抱えながら胸に手を当て「やべえ…マジで心臓に何らかのダメージを負った気がする…」って言うと思う。たぶん羽生くんはそんな私の頭に銃を突きつける真似をして「大丈夫? 頭もぶち抜いとく?」ってノッてくれると思う。

 

めっちゃいい匂いすると言われたら「ふふ」という羽生めっちゃいい匂いすると言われたら「ふふ」という羽生めっちゃいい匂いすると言われたら「ふふ」という羽生めっちゃ #興奮と尊みと萌えと希望と羨ま死の狭間で無事死亡 #くっそなんだよ羽生その美人なイイ女風の対応目に浮かぶようだっていうか完全に目に浮かんだなんならその顔見たような気がしてきた見てないけど

 

私だって、デパートで目に留まったフレグランスを手首にシュッとやってクンカクンカしてるなーと思ったら、「めっちゃいい匂いする!」と手首をこっちに差し出してきて、えっ君の手首の方を嗅ぐんかとか動揺したいし、柔軟剤を変えたタオルを「めっちゃいい匂いするー」と顔に纏いながら出てくる羽生に 「ちょっとちゃんと拭いてから出て来いよ!」と萌え&照れたいし、隣に座った羽生きゅんに思わず「めっちゃいい匂いする」と零してしまったら、一瞬、はあ?って感じに眉をしかめられた後「レノア〜 ニューフレグランス〜」とかおもむろに歌われて、え何宣伝?照れ隠し?って悶えたいけど、そんな妄想をクソファッキンと唾棄したくなるほど、「ふふ」の二文字の現実が妄想をはるかに凌駕し俺をぶん殴ってくる…「ふふ」の二文字だけで俺たちを確実に殺しにくる男羽生…

 

色々考えたが、自分の(子ども時代の)写真見て「かわいい」と言ったり櫻井との2ショ何度も見直す羽生さんの事だからこの先、幸運な一般ピープルとの写真を見直して「あー俺ほんと小顔❤︎」って思うかもしれないし「あー俺ほんと小顔❤︎」て何度か再確認頂く為のモブ要員として貢献したい気もしてきた。#幕張トークショーに寄せて

 

これは根拠のない確信なんだが羽生さんは自分が表紙のanan何度も(いい…)って思って見てそうなとこあるよ。一旦机に置くんだけどやっぱり気になってまた手に取りチラチラ眺めてちょっと微笑む羽生さんを目撃してしまい見ない振りがしたい。本を置いたタイミングでわざと大きな音で帰ったアピールをするけど私がニヤニヤするのを抑えきれず「何?」って察されそうになると思う。そんな追及を「あ、それanan? かっこいいやつ!!」て話を逸らす(逸らしてないが)と、羽生さんはなんて事ない涼しい顔で「ああこれ? 欲しかったらあげるよ」って渡してくれると思う。もー澄ましちゃってさ!って内心悶えたい。 #俺はどの羽生さんも大好きだが、自分をかっこいいと思ってる羽生さんが何より何より大好き

 

よく考えたら様々な羽生王子コレクションに今回遂に「正統派貴公子」が追加されてしまったのか…! 羽生が青薔薇の王子だとして対立する家系の白薔薇の王女役やりたすぎる(リチャード3世?)頼りない息子を王にすべく画策するんだけど品と知性と人望のある羽生にいつも出し抜かれ「小癪な!」とか言う役。
羽生王子は表向きは爽やかで品のあり誰にも優しく、絶対に色々裏で画策しているはずなのにそれをそれと見せない(あくまで人望の結果としての勝利みたいに)みたいな感じと思う。私はそれが気に食わず顔を合わせた際に「そのにこやかな顔の皮の裏には何がございますやら」的な嫌味を言うが 羽生王子はただ笑みを崩さず「○○(こちら側の王子)の裏にあるものの恐ろしさには敵いませんよ」とか言うと思う。つまり、こちら陣営の指揮をしているのが私だと彼だけが見抜いている。以後あの笑みを顔から消させたい敵愾心のような或いは恋に落ちてしまった焦燥のような気持ちを燃やし続ける役やりたい。 いつも出し抜かれ「小癪な!」ってヒス起こすけどそのうち羽生王子のことが頭から離れられなくなる敵陣営の王女役やりたすぎるじゃん #何この妄想

  

はっ…今長時間労働のストレスのあまり、羽生さんが鏡の前でネクタイ結ぶ(結べてない)全夢女子大歓喜映像の走馬灯をうっかり見てしまった…危ない危ない、そんな夢みたいな映像が実在するわけない #実在する

  

助手席に乗ってほしい男性有名人ランキング1位っていやいやお前ら単に好きな有名人挙げてない? ほんとに助手席に乗せたいか検討したか⁈ 私は真剣に羽生が助手席に乗るのを想像した結果、想像だけで緊張でハンドル握る手が震えてMURIという結論が出たしどちらかというと、助手席に絶対乗せたくない有名人ランキング1位だろ羽生は…… #個人の意見

 

「自宅へ送り届け着いたよと言おうとしたら窓に身体を預け寝ている頭の丸みにグッと来て、つい触ってみたくなるけど、触りたいでも触ったら起きちゃうかももっとこの頭の丸みを見てたいみたいな葛藤で腕を伸ばしては下げすること数度、ふと、羽生が「さっきから何やってんの?」プッと吹き出し、「え⁉︎ 起きてたの?」と動揺したら、「……降りたくなくて?(寝たふりしてた)」と顔を背けるけどその照れたような拗ねたような表情が背けた先の窓にばっちり映し出されてて、彼がいなくなった後あああとハンドルに頭を打ち付けたいランキング1位こと羽生結弦さん #お前はいつも朝からアクセル全開だな

 

私も、サーシャたんにフラれた(フラれた?)羽生きゅんを家で出迎える際に、満面の笑みで腕を広げたのを羽生くんにわざと完全無視されて、「ちょ、ちょ、ちょーい」ってやりたすぎるんですがいつ帰ってきますか? #永久にお前のとこには来ねえよ

 

プル‐羽生‐サーシャって継承の物語、羽生視点からでもアツいんだけど、サーシャ視点からでも激アツ感と重さある。
"ロシアの皇帝と謳われた伝説のフィギュアスケーターを父親に持つサーシャは、幼い頃よりフィギュアの英才教育を受け世界の注目を集めてきたーー"的導入から始まる物語で、憧れのスケーターとして出てくる羽生は、しかし 自分の父親の背中を見ていたのだったーー偉大な父の元に生まれた恩恵と苦悩の狭間でー
「見ててください。もう"プルシェンコの息子"なんて言わせませんからーー」みたいな展開ある感じのあれやろ? 止まらない胸アツ感と他人の人生を軽率に消費するなという葛藤クッソー #すぐこういう妄想始まるオタク



で若き日の羽生とプルの物語を描いた第0章スピンオフ編とかが出る。むしろそれが今と言っていい。今。なう。

 

軽率に妄想が広がる…これは実在人物とは関係なく完全に妄想展開上の話なんだが、幼き日は無邪気な憧れの対象、そして今(今とは?)はある種の執着の対象になった羽生について、でもある日はっと、「ああそうか」と気付く。自分は羽生自身に執着をしていたわけではない。ある意味彼は、"越えられない父" と"父を越えたい気持ち"の象徴的存在であったのだと。自分ではなく父の背を見ている憧れの彼という存在に、父を越えたい越えられない自分の苦悩を象徴させ想いの矛先にしていたのだと。それに気付き、羽生の呪縛を捨てたときに、サーシャはだれでもないサーシャとして飛翔ーー #俺の妄想が飛翔しすぎた

 

は〜高校時代の羽生きゅんの副担任になって、ゴツめの体育会系男子達に混じって明らかに異物感のある華奢で可憐な羽生きゅんについつい目がいってしまうけど、(駄目だ、教師として依怙贔屓は許されない…)と必死に見ないようにしたいし、けどうっかり目があったとき、羽生きゅんはちょうど欠伸をしてて やば、バレちゃったって感じにてへっとこちらに軽く照れ笑いをした、あまり学校に来なくていつもはもう少し、何を考えてるかミステリアスなとこもあったそんな羽生きゅんの珍しい愛嬌にずきゅんとやられてしまって、ああ私はなんという感情を……と辞表を出すべきか真剣に悩みたい人生。狂わされてえ。
一輪の百合のような芳香にくらりと傾いてしまいそうな自己を認めたくなくて、必要以上に「フィギュアなんてさー女のスポーツだよなー」とか言っちゃう級友でも可。 #可もクソもあるか

 

は〜皆の憧れの羽生先輩とたまたま校門で鉢合わせて、「藤吉帰るとこ? 一緒に帰ろー」って無邪気に言われ動揺したい青春だった。私が水筒の水を飲んでると「喉乾いたちょっとちょうだい?」とか言ってきて、「っへ!?」って慌てて水筒ぶちまけて自分の制服をびしょ濡れにしたのを、何やってるの?と覗き込んできたりなんかするから、「い、いや…」と顔を逸らしたら、「何もしかして照れてる?」と悪戯ぽく笑いかけられ「可愛いね」と呟くもんだからすっかり舞い上がるけどその後はなんてこともなく、ただその日たしかに私に向けられた笑顔だけを思い出にその後の2年半を生きていきたい青春だった。

 

FaOI放送で半袖から伸びた腕がアップで映ったことにより、ツイでこんな肌荒れまでアップに…!とか言われた事を多少気にした羽生くんが、クリーム(俺の)を腕に塗ってるのを見てふとそのホクロをぷにっと押してみたくなり、手を伸ばしたところを完全に意図を察知した羽生くんにパシッと手首を掴まれ、

「あとで遊んであげるからあっち行ってて」

って追い払われてーなーって一日48時間考えつづけてる。 #F(不埒な)a(愛)O(オン)I(アイス)

 

羽生くんに「あとで遊んであげるからあっち行ってて」とか超言われてえな。 言われたくない⁇ 「ええー? 何して遊んでくれるのかな?」って完全にノリがセクハラジジイのそれの私に冷たい視線とゲーム機だけ投げつけ「それ面白かったよ」って自室に引っ込まれたい…。

 

で羽生くんは私が「遊んでくれるって言ったじゃんー!」って騒ぐとお思いでしょうが(お思いでしょうが?)、敢えて黙ってゲームやってたら意外と面白くて15分くらい経ったくらいで、妙に静かな私の様子を見に戻ってきた羽生くんが、黙って横にストンと座り、私の腕のホクロを(私にもあるのだ)つんつんとするので(くっそーーかわいすぎかよ結局15分も待てねえのかよバカーーー)って萌え死にたい。

 

羽生さんの腹チラを永遠に眺めていたい気持ちと、寝てるのを見る度にどうもお腹が出てるのでタオルをかけ直してあげるけど、かけ直しても直しても腹チラするから心配になり「お腹冷えるよ!」と腹巻(いらないタオルを再利用した手製)を渡して「ダサっ」と言われたい気持ち、半々。いや、2:8。

 

 リズム感が絶望的にないワイからすると、羽生さんの音とリズムへの動作呼応の神っぷり、もしやもし幼き頃に楽器をやっていたらそれはそれで天下取れたんじゃって一昨日くらいに考え始めてから白シャツなどでピアノを弾く羽生パイセンの妄想が止まらない。勿論貴公子的にショパンを弾きこなすパターンでも似合いみが過ぎるのだが、普段そんな素振りを見せないのに、例えば合唱コンの練習中「ちょっとそこのリズム違うかもー、貸して」って代わった羽生がめちゃくちゃピアノ上手くて、その白シャツを捲った腕が脳に焼きついて離れないみたいなパターンも燃える  #ピアノの話は?

 

私が「見てみてーハニーゆづ味だって! 羽生くんにぴったり!」って、何種かの味入り箱アイスを買って帰った際、「すごーい」と言って写真まで撮るのにいざ開封したらふっつーにいちご味を食べ始めて「いやいやいや」って突っ込むと、例のポメラニアンみたいな顔で、なにか?みたいに首を傾げるので、(そうだねそうだったね羽生くんはいちごショートのプリンセスだった時代もあったしね!)って全てを許したいか、或いは

「○○ちゃんが"ゆずを食べたいと"思って」

「……」

「…ちょっとそういうよこしまな視線で俺を見るのはやめてくださいます?!」

「何も言ってないじゃん!」

「いや完全に『きゃー結弦の口からゆづを食べたいとなんて言葉が出るなんてやべえー(私の物真似)』って顔してたんですけど」

「むしろ今その台詞が羽生くんの口から発されたことが一番やばいわ」

ってあまりの衝撃に無事死亡したいか、どちらのパターンがいいか労働中真剣に悩んでいたものの、全部妄想だしそもそもいちご味のが好きという前提すら妄想だった。 #公式では一言も言及されていないのに何故か二次界隈では広く定着している設定ってあるけど

 

ポジティブなオタクなので羽生くんの髪型が似合ってれば、髪型可愛いー最高♥って思うし、ばっさり切っちゃってもそれはそれで「最高と思った瞬間から容赦なく刈ってく羽生最高かよ」って思うし、ノンノンしてくれれば、自らのノンノンの殺傷力に味をしめた羽生最高か?って思うし、してくれなければそれはそれで、「もー羽生くん私がいる時はしてくれないのかツンデレ❤︎ 照れ屋さん❤︎」って大喜びしてくスタイルなのでなんでも大丈夫です。

 

おいおいおいおい羽生結弦の口から「失恋」という言葉が発されただと!?!? 夜行バス乗ってたから見てないし録画してねえよ!! ちくしょう羽生の口から「失恋」という音声が発されるなら事前に言っといてくださいよフ●テレビさん!!! #無茶な要求

 

なんかもっと(どうですこの羽生が失恋ってワードを口にしましたよ?)ってしれーっと言ったのかと思ったら、失恋って言う時にデュフってちょっと笑ってる上、その後、春、春がって噛んだ挙句、誤魔化すように早口になってるトリプルコンボに昨日からニヤニヤが止まらないのでマスクで出社せざるを得ない。

これその場でうっかり発された言葉ではないな!? 事前に(皆さん俺が失恋ってワード発しましたよどうぞ動揺してください)ってタイミングを考えてて実践したけど、やっぱ照れのがまさってしまって笑ったり噛んだり早口になったり全然しれっと言えなかったパターンだな? 嘘やん超かわいい…やば……

 

ってかスケーター旅館に泊まってるん? まずい…羽生×旅館か大変まずい…卓球やりたい。ゆづるスマーッシュとかクソダサい技名叫びながら大袈裟にキメようとしてスカッとミスる羽生くん見て大爆笑したい。大爆笑で手が震えその後全く使い物にならないから負けて羽生くんに「はい勝った勝ったいちご牛乳奢って」って言われたい…「え? 寝る前に牛乳なんか飲んで大丈夫? お腹痛くならない?」って過保護な心配してムッとした羽生くんから、ふくらはぎにゆづるスマッシュ(蹴り)くらいたすぎる……まずい情報だ…

 

はーしかし旅館×羽生の妄想が止まらねえな。まだ付き合ってない時に(永久に付き合わん)、酒の入った宴会から少し離れた場所にいる羽生くんに何の気なしに気付いて、「飲みますか?」ってオレンジジュース渡そうとすんだけど1度目は返事をしてもらえない。肩をトントンとやるとようやくこちらを向いて「あ、すみません」イヤホンが、とコードの無いイヤホンをこちらに見せるように髪を耳にかけたその動作と首筋の芳香に思わずくらりと来てジュースをこぼしかける夏ーー来てーー! カモン!!!!

 

静岡はさわやか行くのも楽しみだな~。羽生くんはハンバーグ2つも食べれるのかナ? 「大丈夫? 2つも食べれる? 肉に襲われない?」って聞いたらうざったそうに「もお~そのネタ古いから。大丈夫だし!」と口を尖らせるので、さいですかと注文するが案の定1つ目の4分の3ぐらいでフォークを動かすスピードが落ちる。それチラチラ見てたら、視線に気がついた羽生くんに「○ちゃん食べるの早いね、まだ食べたいでしょ? あげる」って何かあたかも恩売る感じで言われてえ。「やっぱ食べれな「違うから○ちゃんが食べたそうだからあげるの」と言い張る羽生

それを受けて私は「そーねー、確かにもっと食べたいから自分の分追加で注文するね」と敢えて意地悪を言うが、呼び出しボタンを押そうとする私の袖をぎゅっと引っ張って止めた羽生の「もーわかってるくせに! 嘘! 嘘嘘、肉に襲われちゃった…」という言葉とあざとく机に突っ伏す動作だけでご飯10杯いk #つうかあれ二つではなく半分に切ってるだけだからな

 

新静岡のさわやかビルの中にあるんやね。待ち時間にBEAMSで羽生きゅんにお洋服買ってあげたい。ふと見ると後ろにいた筈の羽生が居なくなってて、あれ!?って探したら、東急ハンズのペンコーナーで謎にテンション上がってサインの試し書きとかしてて欲しい。勝手にいなくなったことに怒るより先に「貴重過ぎる落書きを!するな!って突っ込むから。

 

さわやかは店員さんが最初にハンバーグ半分に切ってくれるんやな。羽生くん、「油が飛び跳ねなくなったら召し上がり下さい」の言葉めっちゃ律儀に守って、私が待ちきれず半分くらい食べてもまだ紙持ってそう、、「いつまでやってんの?」って突っ込みたいけど面白いからずっと黙ってたい。

 

私が早々に食べ終わったところでようやく、油の心配がなくなったのかハンバーグを切り始める羽生くんに、暇になった私が「羽生結弦! ハンバーグ入刀!」とか冷やかして「うっさいなー黙って食べt……は? もう食べたのやっば」ってまじでドン引きした羽生の声が入った動画とかは特にない…何故無いんだ…現実はクソだ。

 

しかし執行を経て安室さん夢女子は「私たちのライバルは国だった…?」とザワザワしていたが、今回のFaOI静岡を経て俺たち羽生ガチ恋勢の最大のライバルは氷であることが完全判明しましたよね。たしかにそうだよな…入るときいつも触ってもらってるし今回は公然と口づけまで… #言い方 #Hydrokissing